株主優待

米国株のススメ

こんにちは、のぐ太です。

初めましての方はこちらからどうぞ

三菱サラリーマンさんがご退職されたということで、

おめでとうございます!

僕は三菱サラリーマンさんのブログを参考に、

配当狙いで米国株も買ってます^^

 ⇒ 三菱サラリーマンさんのブログはこちら

   (三菱サラリーマンさん、勝手にリンク貼りすみません。)

ご退職のお祝いと

感謝の意味も含めて、

僕が実際に米国株投資を行った中で

感じた利点を、この記事ではまとめます。

この記事のまとめ
  • 米国株は必要最低額が小さくて再投資しやすい
  • 40ドルくらいからでも優良株が買える
  • 調達コストが安価
  • 米国の将来性は比較的明るい
  • ドル建ての資産を持つことの強み

再投資しやすい

実際にやって本当に強く感じたのが、

再投資の敷居の低さです。

というのも、多くの米国銘柄は、

1株から購入可能で、

その金額は、

35ドル程度からあります。

日本円にして、約4000円です。

これ、単純に計算すると、

配当利回りが5%の株を

1万ドル(約110万円)分持っていると、

毎月再投資ができる計算です。

日本株だとなかなかそうはいきません。

日本株だと、

購入するのに最低必要額が

だいたい20万円くらいです。

これは大きな違いです。

配当収入だけで20万円たまるまでには、

同じ110万円分の株を持っていたとしたら、

配当利回り5%だとしても

4年かかります。

かたや毎月再投資できて、

かたや4年かかるなら、

そりゃー毎月再投資できる方が面白いです。

いかにアメリカが株投資しやすい環境かがわかります。

優良株も多い

また、アメリカ企業は基本的に

株主への還元に積極的です。

配当という形で還元したり、

自社株を買ったりするのに積極的です。

内部留保をため込む傾向にある

日本企業とは対照的です。

(もちろん日本企業でも株主還元が厚い企業もあります)

しかも、

優良株も多いです。

日本でも超有名な、

IBM、ジョンソンエンドジョンソン、エクソンモービル

なんかも、高配当株として購入が可能です。

その他にも、

日本では知名度高くないけど、

世界的には超有名&超優良企業&高配当株も

ゴロゴロ存在します。

ベライゾン・コミュニケーションズや、AT&T などなど。

調達コストが安価

手数料等も比較的安価です。

SBI証券、楽天証券、マネックス証券は、

売買代金の0.45%

さすがに日本株を買うよりは高いですが、

10万円の買い付けで、

500円です。

東南アジア株とかは、

まだまだ手数料が高いイメージなので、

外国株なのにこの水準の手数料なのは魅力です。

米国の将来性は比較的明るい

次の図はアメリカの人口ピラミッドです。

アメリカの人口ピラミッド
出典: https://www.populationpyramid.net/

きれいに各世代バランスが取れています。

しかも、総人口も3憶人を超えており、

規模も大きいです。

しかもしかも、

2100年まで総人口は増え続ける予測です。

一方、日本の人口ピラミッドはが次の図です。

明らかに高齢者が多いです。

日本の人口ピラミッド
出典: https://www.populationpyramid.net/

そして、総人口も1憶人強で、

規模としてはアメリカに程遠く、

さらには減少傾向にあります。

日本の人口については、

イタリアと似ています。

人口ピラミッドだけ見ると、

イタリアよりも日本の方が高齢者の

割合が多く、むしろ悪い印象です。

日本の将来性はイタリアと同じか、もっと悪いよ

と言われると、多くの日本人は

ちょっと不安になるのではないでしょうか。

(イタリアの方、申し訳ございません)

ちなみに、この記事を書くにあたって、

人口ピラミッドを上記サイトで色々調べましたが、

総人口と、ピラミッドの形から、

今後30年くらいを目途に伸び続ける国は以下の国が有力だという

印象を受けました。

  • インド
  • インドネシア
  • エジプト
  • エチオピア
  • ナイジェリア
  • フィリピン
  • ブラジル
  • メキシコ

ただし、あくまで人口的な観点のみです。

本当に経済的に発展するかは、

国民性、政治的要因、地理的要因、

様々なファクターがあるので

これだけで結論を出すのは早計です。

 詳しくは次の記事をご覧下さい。

  ⇒ 準備中

ドル建ての資産を持つ

多くの日本人は、

その資産のほとんどを円で所有していると思います。

ワールドワイドな視点で考えると、

これは結構リスキーです。

円の価値が急激に下がってしまったら、

それは資産の消失につながります。

ハイパーインフレなんか起こった日には、

国外に脱出することも困難になります。

ハイパーインフレが起こる確率がどれだけか

という議論は置いといて、

投資の基本は分散です。

特に守りのお金に関しては、

分散を意識する必要があります。

 ⇒ 守りのお金と攻めのお金についてはこちら

円の資産をドルに換えて置くことにもなるので、

その点からも米国株はおススメです。

最後に

僕は米国株でトレードはしてないですが、

配当狙いでちょこちょこ買ってます。

不動産をやったからこそ感じますが、

配当は本当に不労所得です。

不動産って、意外と手間がかかったりして、

ものによっては全然不労所得じゃないんです。

その代わり、利回りの観点からは

不動産の方が有利なことが多いです。

どちらを優先するかは個人の価値観ですが、

個人的にはこれからは米国株を

どんどん買っていこうと思ってます。

ただし、現在米国株は歴史的な高値圏にあるので、

最終判断はご自身でお願いします。

ドルコスト平均法を貫く覚悟があるなら、

良いかもしれません。


いつも最後までお読みくださりありがとうございます

😊

★メルマガ始めました★
 トレード技術や、
 投資のヒントを提供しています。

  ご登録はこちらから

★YouTuber始めました★

 「のぐ太の株チャンネル」で配信してます^_^

★ツイッターやってます!★

 「のぐ太」で検索ください^^

★お問い合わせ、ご質問、お気軽にどうぞ★

 お問い合わせフォームはこちらからどうぞ

ABOUT ME
のぐ太
のぐ太
僕は普通のサラリーマンですが、会社に縛られてる感覚が嫌で、様々な投資手法を試してきました。高配当株への投資・アフィリエイトサイトの運営で自動収入を構築中。目標は月30万円! 下のリンクからブログの更新情報を受け取れます!