FAAP実践記(3) 単価を下げた方が優良外注さんから応募がある?

単価のイメージ アドセンス実践記
単価のイメージ

こんにちは、のぐ太です^ ^   今回は外注さんにお願いすることで新たにわかった事実がありますのでシェアします^ ^

アドセンス記事は慎重に

今、アドセンスの追加申請用に30記事ほどを1人の外注さんに書いてもらってるところです^ ^

 

今のところ5記事くらいストックされました!

 

15記事溜まったら毎日投稿してアドセンスの追加申請をしようと思ってます^ ^

 

 

やはり1人だとペースが落ちますね。

 

5人くらいだと1日1記事は余裕でしたが、

1人だと毎日は厳しいのでストックしておく必要があります。

 

 

今後も見据えて、もう一回追加申請できるように、

今からもう1人別の外注さんに追加申請用の記事をストックしてもらうことにしました!

 

 

なぜ一人の人に書いてもらうか? ですが、

アドセンスの審査では統一感がみられるからです。

 

ライターが違うとどうしても文章の雰囲気が

変わってきてしまうんですね。。

 

少々時間かかっても、ここは仕方ないところですね。

単価安い方が良い人が来る!?

早速新しい外注さんを募集しました!

 

記事単価を今までより安く設定してみたところ、やはり募集してくださる数が少ないですね。。

 

とりあえず2人募集してくださり、1人は主婦の方が、1人は男性でスキル高そうな方が応募してくださいました!

 

男性の方はスキル高そうなので、アドセンス審査用とは別枠にしようと思います。

 

主婦の方も、ライティング経験はあるみたいで、サンプルも問題なし!

むしろ、クオリティ高いです(笑)

 

安いと変な人ばかり集まるかも?

と思ってましたが、逆でした!

 

応募数こそ少ないものの

むしろ良い人しか応募ないので、

これはこれでアリかもしれません。

アドセンス審査用の記事をストックする

予定としては、あと2個か3個はアドセンスのブログを立ち上げる予定でいます。

 

今からアドセンス審査用の記事をストックしておけば、

すぐに行動に移せますね!

 

そうしてるうちに、良いライターさん見つかるかもですし!

 

良いライターさんは本当に貴重なので、

1人でも多く確保しておくのには価値があります。

 

 

例えば、1人の外注さんに頼りっきりになっていたら、

その方のご家族で病気したりしたら記事の生産が間に合わなくなります。

 

良いライターさんはこちらの手間を省いてくれるので、

出会ったらつなぎとめるために仕事を依頼するのもありです!

まとめ

単価安くした結果、変な人が逆に集まらないということがわかりました!

まともな外注さんは貴重なので、ぜひ試してみてくださいね^ ^

単価が安いことに後ろめたさがある場合は、どこかのタイミングで単価アップしてあげれば良いのです!

 

あ、あとメルマガ始めましたので、

良かったら紹介ページだけでも見てみてくださいね^^

⇒ アフィリエイトで月10万円稼ぐためのメルマガ紹介ページ

タイトルとURLをコピーしました